かせかけを作りたい!

そうだ、かせかけを作ろう♪1

我が家には笹竹が生えている。
刈っても刈っても伸びてくる。
だったら、これでかせかけを作ってみよう♪

まずはノコを持って笹竹のあたりに入ってみる。
山茶花の蕾がまだたくさんあった。
山茶花

笹竹
こんな感じで生えている。
笹竹:ちょっとアップ
植物学的には笹になるらしい。
けれど、この若芽はたけのこって呼ばれている。
太さは太いものでも1cmちょっと。

初めての挑戦だし、刈ってすぐに使えるわけじゃないから手当たり次第に刈った^^;
その場で先端を切り落として皮(筍の皮が剥がれずに残っているの)を剥ぐ。

この皮を剥ぐコツを掴んだと思ったのでメモ書き
  1. 皮の上から笹竹を握る。
  2. 反対の手で笹竹を回す、と言うかひねるというか…。
この方法が楽だった。
と言うより、そうじゃないときれいに剥けなかったのね(T_T)

明らかな虫食いもその場で切り落とす。
笹竹の虫食い穴

刈り取った笹竹
長いもので2m超が3本かな?
短・長・太・細、合わせて40本ほど。

乾燥は…、とりあえず米袋に入れて小屋に置いておくことにした。
クラフト紙の米袋って万能だわぁ~(*^^*)
冬場は土ネギの保存にも最適♪

コメント

  1. 「かせかけ」って、
    糸車(毛糸の場合は傘)みたいなものですか?。
    それをご自分で作るの??。
    すごぉ~い!!。

    どんなものが出来るのかしら??。
    ワクワクドキドキしてます♪。

    返信削除
    返信
    1. >ペンちゃんさん
      後光台のようなものを目指します!(〃∇〃)!
      ほら、目標は高く掲げておかないと、このあとどんどん下降修正かかるから(^_^;)

      材料調達の時点で記事にしておかないと作らない可能性が…。
      綾棒ができたら御の字になるかもしれません。

      削除
    2. 訂正です(^_^;)
      後光台ではなく、「御光台」ですね。

      削除

コメントを投稿